本文へ移動

復活!阿波踊り

徳島最大のお祭り「阿波踊り」を体感
 
七七七五調の囃子ことばを「よしこの」のリズムにのせて歌い、踊り興じる阿波踊り。真夏の徳島は、街全体が「よしこの」のリズムのうねりの中にいるかのよう。時代とともに、カタチを変えながら、400年も受け継がれてきた郷土の踊りです。

阿波踊り公演について

復活!阿波おどり公演 
2022年10月1日(土)~ 

新型コロナウイルス感染症対策の為、休止致しておりました、ホテル内での「阿波おどり公演」を10/1より再開致します。再開に際しては、感染症対策に万全を期しておりますので、安心してご利用いただくとともに、 対策にご協力をお願い申し上げます。

期 間:2022年10月1日(土)~2023年3月31日 (金)
※年末年始<12/30~1/3>の公演については休止予定。
※新型コロナウィルス感染拡大状況により変更となる場合がございます。

●時 間:20:40~約20分間 21:00頃まで 
●場 所:メインタワー1Fブルーローズ 
※状況により会場を変更させていただく場合がございます。 
●料 金:無料<ご宿泊のお客様限定> 

※混雑が予想される日は、ソーシャルディスタンス確保の為、整理券発行の上、 入れ替え制となります。
20:40~/20:55~の二部制
 整理券は自動券売機<ナビゲーターデスク横>にて発券予定。

感染対策

コロナウイルス感染症拡大防止の為、以下のご協力をお願い致します  
・入場の際は手指の消毒及びマスク着用
・検温にご協力ください。
・ご一緒に踊る「阿波踊り体験」はございません。
・換気の為、会場の扉は開放となります。   
*会場内には光触媒の空間除菌「ターンドケイ」を設置致しております。
・踊り手、鳴り物共にマスク又はマウスシールド、フェイスシールド着用にて演舞させていただきます。
・声による応援はお控えいただき、手拍子にてお願い致します。

連とは・・・

阿波踊りは「連」と呼ばれるグループ単位で、法被や浴衣を揃えて踊ります。
数十人から多いところでは200人もの人から構成され、徳島市内だけでも数十個の連が活動しています。
それぞれの連に伝統があり、個性と技を競い合います。

阿波踊りの発祥

藩主蜂須賀(はちすか)家政が1587年に徳島城を築城した際、町人たちが城内に踊り込んでお祝いしたのが阿波踊りの始まり。
「阿波の殿様、蜂須賀公が今に残せし阿波踊り」とよしこのにも唄われているように、家政はこの踊りをたいそう気に入り、翌年から毎年盆の三日間を踊り楽しむようになったとのことです。
TOPへ戻る